インフルエンザの予防・治療の両方に活用できる吸引型の医薬品「リレンザ」をご存知ですか?最近では医師も積極的に処方するようになり、タミフルに次ぐ新薬として話題を生んでいる治療薬です。

リレンザでインフルエンザ対策

職場や学校の休みにはインフルエンザだと診断書が必要?

インフルエンザになった場合、処方される薬がリレンザです。抗インフルエンザウィルス剤で、口から吸入するタイプの薬です。インフルエンザの予防にも効果がありますし、インフルエンザにかかってからも症状を抑える効果があるので、病院で処方されることがあります。一時期インフルエンザの薬でタミフルが話題となり、その副作用である異常行動も注目を浴びました。リレンザはそれほどの異常行動は注目されていませんが、もともとの成分は同じということもあり、薬の使用には注意が必要です。
病院によって、このインフルエンザに対してタミフルを出すかリレンザを出すかは医師によりますが、多くの場合は患者の年齢や副作用を考慮して処方されることでしょう。インフルエンザにかかって病院を受診する場合の値段も、患者の症状や薬によって異なります。多くの場合は初診料やインフルエンザテストの値段は必要でしょう。あとは症状の出方によって、解熱剤の使用や対症療法で値段が変化します。
インフルエンザかなと思ったら、病院に行きインフルエンザテストを行うものが普通です。これによって確定診断ができるのです。インフルエンザが確定したら、リレンザが処方になることが多いです。また仕事や学校に通っている人は、確定診断が出た場合、出勤や通学をすることができません。職場や学校によっては診断書を求められることもありますが、特定の診断書ではなく、自己申告もしくは保護者が代理で記載して提出する用紙の場合もあります。診断書が必要かどうかは、確認をしなければ分からないので、熱が出て会社を休むなどの連絡の際に、もしインフルエンザだったら診断書がいるかどうか確認しておくと良いかもしれません。