インフルエンザの予防・治療の両方に活用できる吸引型の医薬品「リレンザ」をご存知ですか?最近では医師も積極的に処方するようになり、タミフルに次ぐ新薬として話題を生んでいる治療薬です。

リレンザでインフルエンザ対策

リレンザ横浜市泉区の税区分について

横浜市泉区も東京都郊外のベットタウンとして人気のある住宅地です。
横浜市泉区には実に多くの世帯が生活しており、人口も他の市町村よりも多くなっています。
そのため横浜市泉区は東京都心部に次いで、疾病や傷病数も数多く見られます。
インフルエンザ流行時期には人口密度の多い泉区では集団感染なども懸念されます。
そのためこうした人との接触の機会の多い地域に住む人は、積極的に予防接種などを受け感染対策を万全にしておく必要があります。
またこうした人口の多い医療機関でも、インフルエンザ流行期に備えてリレンザやタミフルなど治療薬を多めに備蓄しておく必要があります。
病院にとってタミフルやリレンザを大量に仕入れる場合、税区分は課税されます。
そして多くの人が健康保険を使って治療を病院で行います。
その際にタミフルやリレンザを処方することになりますが、患者に対する税区分は非課税で患者は消費税を支払わずに治療と薬を受け取ることができます。
そのため大量のタミフルやリレンザを病院が仕入れた際の税区分が課税であったものの、病院は患者に薬の消費税を転化できず、病院は薬の消費税分だけロスすることになります。
こうしたことが度々続くと、病院経営に悪影響を及ぼしかねません。
そこで最近では病院も保険治療だけではなく、美容皮膚科など診療科目を増やし患者に自由診療の機会を増やすようにして、病院の安全経営に乗り出す様子が多々見受けられます。
自由診療の患者が増え薬の課税売り上げが95パーセント以上になると仕入税額控除制度を適用することができるようになります。
そのため病院によっては根本的に経営を見直し、自由診療中心の医療機関に変えるところも見られるようになっています。