インフルエンザの予防・治療の両方に活用できる吸引型の医薬品「リレンザ」をご存知ですか?最近では医師も積極的に処方するようになり、タミフルに次ぐ新薬として話題を生んでいる治療薬です。

リレンザでインフルエンザ対策

ティーツリーオイルとリレンザと多発性硬化症の関係とは

リレンザを吸入することで素早く熱をとることが期待できますが、一度熱が下がったからといって油断してはいけません。
完全に体からインフルエンザのウィルスがなくなるのには、一定の日数を要することも考えられます。
しかしこのときリレンザ吸入でただちに熱が下がったから完治したと判断してしまいリレンザをやめると、インフルエンザウイルスが体に残留しているために、再度インフルエンザウィルスが再び増殖してしまうリスクが伴ってしまうのです。
このような事態を避けるためにも指示通りの日数規定はしっかり守り服用を自らの判断で中断してしまわないように注意することが大切です。
またこのウィルス増殖を防ぐのにアロマを活用するのは最適です。
なかでもティーツリーオイルは優れた抗菌作用をもつことで有名です。
インフルエンザにおけるティーツリー使用の実験結果では、このティーツリーオイルがインフルエンザウィルスの完全な殺菌作用をもたらすまでに至らないが、そのウィルスの増殖に対しては目を見張るほどの有効な働きを示すことが示唆されています。
ティーツリーオイルが1滴入ったコップの水でうがいをすることは、ウィルス増殖対策の予防に効果的かつ風邪予防にも積極的なアプローチができる対策になりのです。
このとき水溶性のティーツリーオイルを使用すると水に溶け込みやすいです。
またティーツリーオイルは抗菌、殺菌作用にそのパワーを限定せず免疫の機能を向上させる作用もあります。
多発性硬化症は免疫の異常により生じるのではといわれている病気でもあります。
この多発性硬化症は病院での治療はもちろんですが、アロマであるティーツリーオイルのサポートも免疫機能を高める働きにより役立つと期待されています。
多発性硬化症の正しい治療と同時にアロマの働きとアロマの癒しが手助けします。