インフルエンザの予防・治療の両方に活用できる吸引型の医薬品「リレンザ」をご存知ですか?最近では医師も積極的に処方するようになり、タミフルに次ぐ新薬として話題を生んでいる治療薬です。

リレンザでインフルエンザ対策

インフルエンザの登校基準

次のような症状(38℃以上の発熱、全身にわたる関節痛、咳や緩い鼻水、くしゃみ、強い倦怠感、頭痛など)が確認された場合には、インフルエンザの可能性が高いので、最寄りの医療機関の受診を推奨いたします。
インフルエンザを発症した場合には、リレンザまたはタミフルが処方されることが一般的です。
リレンザは、専用の吸入器に粉末状の薬を入れ体内に取り込みます。
水を用いずに服用することが可能なため、リレンザは、粉末薬やカプセル錠が苦手なお子さんにも非常によく利用されます。
インフルエンザのウィルスは鼻やのどから取り込まれ、主に気道で増殖します。
リレンザは、同部位に直接薬を届けるため、約1分程度でウィルスの増加を抑えることが出来ます。
タミフルの服用により、異常行動が複数確認されており、副作用を心配する方も間々おり、同薬品の利用が急激に増加しました。
インフルエンザは、高熱を伴うため稀に、中耳炎を併発することがあります。
中耳炎は飛行機やトンネルなどで耳に空気が入ったような感覚になるのと、同様の状況が常時続く症状です。
インフルエンザで受診をする場合に、中耳炎の症状が出ていた場合には、必ず医師に症状を伝えるようにしましょう(※インフルエンザの薬で治癒が可能ですが、症状を正確に抑えたほうが回復が早まります)。
インフルエンザ発症時には、他の方々への感染防止のために、通学が禁じられます。
登校が可能となる登校基準は、医療機関が定める登校基準と学校側が定める登校基準との2種類があることが一般的です。
一般的には、解熱後(平熱になってから)2日間の時間を置くことで通学を認める場合が多いですが、通学する学校とよく相談のうえ、登校を開始しましょう。